ブログトップ
北朝鮮の核兵器能力向上 核実験規模五倍に

 韓国国防省傘下の国防研究院は25日までに周辺情勢や国防予算に関する報告書を出版した。北朝鮮が今年5月に実施した2回目の核実験について爆発規模が平成18年の最初の核実験の約5倍に当たる4キロトン程度に及び起爆装置も作動したとし「相当水準の核兵器製造能力を誇示した」と警戒している。

 米政府は今年6月2回目の核実験の爆発規模について「数キロトン」と発表していた。

 報告書は「平成21年国防予算の分析評価及び10年の展望」。北朝鮮が「核兵器保有国」としての地位を放棄する可能性は「ほぼ皆無」だとし核保有の既成事実化のために3回目の核実験と長距離弾道ミサイルの発射実験を行う可能性が濃厚だと予想している。

平成二十一年十二月廿五日午後五時四十四分

北朝鮮の核兵器能力向上 核実験4キロトン規模と韓国機関
[PR]
by unkotamezou | 2009-12-25 17:44 | 國防 軍事