ブログトップ
平成二十五年度に小型科学衛星一号機打ち上げ 金星火星木星を観測

 宇宙航空研究開発機構は七月廿一日小型科学衛星開発計画の概要を発表した。これによると小型科学衛星一号機は平成二十五年度にイプシロンロケットでの打ち上げを目指し開発を進めているという。

 一号機は金星火星木星を極端紫外線で観測する。金星火星については大気流出を観測し惑星大気流出の太陽風の応答を解明して惑星大気進化の歴史の多様性生命を育む惑星の成立条件を探求する。木星の観測では電子温度を導出するとともに発光領域の背景エネルギー収支のメカニズムを解明し惑星環境多様性の理解を促進する。

 小型科学衛星のミッションの特徴には「極端紫外線で観測する科学は例がほとんどないため発見的な要素が多く教科書を書き換える成果が期待できること」「指向安定度は数秒角を目指しており大型衛星と遜色ないこと」などがある。

 二号機以降のミッション候補としては「プラズマセイル」「小型電力波観測衛星」「ダークバリオン探査衛星」「小型月探査技術実験機」などが挙げられている。

平成二十二年七月廿二日午後七時三十分

宇宙航空研究開発機構が平成二十五年度に小型科学衛星一号機打ち上げ 金星火星木星を観測
[PR]
by unkotamezou | 2010-07-22 19:30 | 自然 科學 技術