ブログトップ
溺れた男児を中学生三人で助ける

 東京都清瀬市の川で19日、おぼれた男児を救助した中学生3人に対し、東京消防庁は23日、3人の通う埼玉県所沢市立柳瀬中学校で、消防総監感謝状を贈呈した。

 3人は、心臓マッサージをした同校3年原口夕香さん(14)、川に入った同溝上聖泰君(15)と弟の1年春喜君(12)。

 原口さんは「習っていないが、テレビで見て頭の中にあり、とっさにやった」と振り返った。溝上君は「泳ぎは得意ではなく、怖かったが、『助けなきゃ』という気持ちが強かった」と話した。

 同庁によると、19日午後0時半ごろ、清瀬市中里の柳瀬川で同市の小学2年男児(8)がおぼれ、うつぶせで動かなくなり、溝上君らが川に入って岸に引き揚げた。原口さんが心臓マッサージし、男児は回復。男児は1日入院し、全快した。

 新井雄治消防総監(58)は「協力して人命救助した勇気のある行動」とたたえた。

平成22年6月23日(水)午後1時3分

男児救助の中学生に感謝状「とっさに心臓マッサージ」東京消防庁
[PR]
by unkotamezou | 2010-06-23 13:03 | 事故 災害