ブログトップ
希望残し光に おかえり「はやぶさ」

 平成15年5月に打ち上げられ、小惑星「イトカワ」への着陸を果たした宇宙航空研究開発機構の探査機「はやぶさ」が13日夜、オーストラリア南部ウーメラ付近の砂漠を目がけて大気圏に突入。過酷な環境に耐え、60億キロの旅を終えた傷だらけの機体は、夜空に一筋の光となって7年ぶりに地球に帰還した。

 月以外の天体との往復は世界初の快挙。トラブル続きで当初予定から3年遅れの帰還となり、太陽の周りを約5周する長旅となった。

■カプセルに異常なし

 探査機本体は大気圏突入後に燃え尽き、イトカワの砂が入っている可能性があるカプセル(大気圏突入前に本体から放出)の回収作業を、宇宙機構は14日から開始。ウーメラ付近の砂漠でカプセルを発見し、回収してヘリコプターで回収作業拠点施設に運び込んだ。カプセルに、破損や異常はないという。

 はやぶさは13日午後8時20分(日本時間午後7時50分)すぎ、探査機本体からカプセルを分離。午後11時20分ごろ、大気が薄く存在する高度200キロに秒速約12キロの超高速で突入した。周辺では、ばらばらになって燃え尽きる本体の光の中に、カプセルの明るい光跡が肉眼で観察された。

■飛躍的な一歩

 はやぶさは、将来の本格的な宇宙探査に向けた技術の実証機。先進的なイオンエンジンや、自律ロボットとしての小惑星への接近、着陸、岩石採取、地球への飛行、回収といったさまざまな技術を試した。

 イトカワに金属球を発射して岩石を舞い上がらせて採取することには失敗したとみられるが、それ以外の目標はほぼすべて達成。イトカワへの着陸の衝撃で舞い上がった砂が、カプセルの開口部から中に入った可能性があり、日本の宇宙開発史に飛躍的な一歩を記し、世界の宇宙探査をリードする成果を挙げた。飛行中は帰還が危ぶまれるようなトラブルが相次ぎ、プロジェクトチームがそのたびに知恵を絞って復活を遂げた。

 回収されたカプセルは直径約30センチ、高さ約15センチで、重さは約6キロ。拠点施設で厳重に梱包され、順調なら17日にチャーター機で日本へ向けて出発。18日には神奈川県相模原市の宇宙機構の分析施設に運ぶ予定。担当者は、砂が入っていた場合は9月ごろまでにイトカワのものと確定したいとしている。確定されれば、太陽系の形成初期を理解する貴重な手掛かりになる。

 はやぶさのプロジェクトを率いた川口淳一郎宇宙機構教授は14日未明、地球帰還を受けて記者会見し「この成果は諸先輩が築き上げた技術・科学の上に成り立っている。はやぶさに助けられてここまで運用できた。プロジェクトチームの皆さんに感謝している」と述べた。

■次の計画は?

 米国が宇宙空間から彗星のちりを回収した例はあるが、月以外の天体に着陸して戻った探査機はない。はやぶさが達成した成果は、日本の宇宙開発史に何段跳びもの飛躍をもたらした金字塔といえる。ただ、こうした経験を生かす次の計画はまだ政府に認められていない。有人宇宙開発と比べると地味な印象の科学探査だが、夢とロマンをかき立て、世界をリードする新たなプロジェクトを期待したい。

平成22年6月15日03時27分

希望残し光に…おかえり「はやぶさ」
[PR]
by unkotamezou | 2010-06-15 03:27 | 自然 科學 技術