ブログトップ
「はやぶさ」最後の力で撮った故郷

 小惑星探査機「はやぶさ」は大気圏突入の直前、最後の力を振り絞って、数千キロメートル離れた地球の写真を送ってきた。

 日本時間13日午後10時2分に撮影した白黒写真を送信中の同28分、はやぶさが地球の裏側に入ったため、地上との交信が途絶。写真のデータも途切れたが、地球の姿が奇跡的に写っていた。

 はやぶさは同日午後7時51分、機体の前面から地球に向けてカプセルを放出後、底面にあるカメラを地球に向けようと、180度向きを変えた。姿勢制御用のエンジンはすべて故障しており、長距離航行用のイオンエンジンの推進剤を直接噴出して、機体を回転させる離れ業を再び演じた。

平成22年6月14日(月)2時10分

「はやぶさ」最後の力で撮った故郷
[PR]
by unkotamezou | 2010-06-14 02:10 | 自然 科學 技術