ブログトップ
はやぶさ 軌道修正に成功、七年ぶり地球へ

 宇宙航空研究開発機構は5日、小惑星探査機「はやぶさ」の地球帰還に向けた軌道修正に成功したと発表した。小惑星「イトカワ」の砂が入っている可能性のあるカプセル部分が、13日深夜にオーストラリア南部に落下することが確実になった。

 平成15年5月にM5ロケットで打ち上げられて以来、約7年ぶりの地球帰還となる。姿勢制御装置やエンジン類の故障などトラブルが相次ぎ、一時は帰還が困難視されたが、故障したエンジンの部品を活用するなどして乗り越えた。

 小惑星の岩石が回収されれば世界初の快挙。約46億年前に太陽系ができたころの情報をとどめている貴重な試料で、太陽系の進化についての研究が大きく前進すると期待される。

 プロジェクトを率いる川口淳一郎教授は記者会見で「地上に戻って初めて、目的とした宇宙との往復ができたといえる。感慨無量だ」と述べた。

 宇宙航空研究開発機構は3日から軌道修正のために、はやぶさのイオンエンジンを噴射し続け、5日午後2時前、計画通り噴射を停止した。イオンエンジンは昨年11月以降、4台中3台は劣化のために単独で動かなくなり、2台の正常な部品を組み合わせて1台の働きをさせる「スペアタイヤで走るような」(川口教授)工夫でしのいできた。

 9日にはオーストラリア・ウーメラ砂漠に設定した落下範囲に精密に導くため、最終的に軌道を微修正。13日夜、探査機本体からカプセルを分離し、約3時間後に大気圏に突入する。本体は途中で燃え尽き、カプセルがパラシュートを開いて砂漠に落下する。

平成22年6月5日23時57分

はやぶさ 軌道修正に成功、7年ぶり地球へ
[PR]
by unkotamezou | 2010-06-05 23:57 | 自然 科學 技術