ブログトップ
「鎮守の森」を世界へ
「鎮守の森」を世界へ

鎮守の森から学んだ最新生態学理論で宮脇昭は国内外のふるさとの森づくりを進めている。


1.神戸を護ったふるさとの木々

 ヘリコプターの下には震災後の神戸の街の惨状が広がっていた。ちょうど子供の頃に見た、戦争直後の東京や横浜の焼け野原を宮脇は思い出していた。

 しかし、よく見ると、所々に緑のかたまりが見える。小公園の小さな樹林や神社の森がそのまま残っているではないか。神社のコンクリートの鳥居が傾き、社殿が倒壊しているのに、鎮守の森の木々は一本も倒れていない。そこには難を逃れた人びとが集まっていた。

 埋め立て地のヘリポートに着陸し、タクシーで長田区に入った。猛火に焼けただれた鉄の塊の間で、少女とその父親らしき人が一生懸命に手で土を掘っている。母親の遺骨を探しているようだ。しかし神戸に多いアラカシの並木の裏にあるアパートは、並木が火を食い止め、延焼を免れていた。

 多くの家が猫もはい出せないくらいペシャンコになっているのに、そばに土地本来のカシノキやシイノキが一、二本あったところでは、傾いた家の屋根がひっかかり、完全な倒壊を免れていた。これで助かった人たちもいただろう。

 高級住宅が張り付いている六甲の急斜面では、岩石のかけら一つ落ちていなかった。アラカシやモチノキ、ヤブツバキなどの常緑広葉樹が深く根を張って土砂崩れを防いでいたのだ。


2.「現存植生」と「潜在自然植生」

「その土地本来の森であれば、火事にも地震にも台風にも耐えて生き延びる。災害対策の意味からも、それぞれの地域の主役となる木を中心に森を作るべきだ」。横浜国立大学環境科学研究センター教授・宮脇昭はこう主張してきた。神戸での光景に、宮脇は驚くと共に、自分の説が間違っていなかったと確信した。

 1958年から2年間、宮脇はドイツ・国立植生図研究所のチュクセン教授について植物社会学を学んだ。教授と共にヨーロッパ各地の植生を徹底的に現地調査しながら、「現存植生」と「潜在自然植生」を研究した。「現存植生」とは現在、その地にある植物群落であり、長年の人間の活動に影響されていて、その土地本来の植物群落である「潜在自然植生」とは異なっている事が多い。

 たとえば日本の本来の「潜在自然植生」は、冬も緑のシイ、タブノキ、カシ類など広葉樹林である。ところが現在、我々がよく見る森とはスギ、ヒノキ、マツの針葉樹林である。これらはもともと広葉樹よりも生命力が劣っていたので、尾根筋、急斜面、谷筋など広葉樹のすき間に自生していた。ところが、戦後、急速な住宅建設の必要に迫られ、早く育つスギ、ヒノキ、マツ類の画一的造林が進められて、全国に広まった。


3.「鎮守の森」こそ日本の「潜在自然植生」

 その土地本来の植生とは異なる、生命力の弱い種に植え替えたつけは大きかった。マツはマツクイムシに赤茶け、さらには樹幹が白骨のようになって枯死する。瀬戸内海沿岸などで春先に何日も山火事が続くのはほとんどマツ林である。カラマツ植林地は根が浅いために、台風のあとは根こそぎ倒れてしまう。また生命力の弱いスギは子孫を残そうと一生懸命、花粉をばらまき、多くの人を花粉症で悩ませる。

 帰国を目前に控えて、日本列島の本来の「自然植生」とは何かと考え始めた宮脇の心にふと浮かんだのが、子供の頃、ふるさとの岡山・御前神社の秋祭りの光景だった。夜中の1時から始まる神楽(かぐら)を見に、人びとが集まってくる。神楽が終わり境内に出ると、大きな木々が暗闇の中に浮かび上がる。

 黒く太い枝が子供だった宮脇の頭上に覆いかぶさってくる。その神々しさに身震いをした感覚は今も身体に残っている。もしかしたら、「鎮守の森」こそが日本古来からの森であり、潜在自然植生なのではないか。

 しかし、日本の研究者の間では宮脇の考えは理解されなかった。そもそも潜在自然植生という言葉すら、ほとんど知られていなかったのだ。しかし環境問題が急速の表面化するに従って、宮脇は企業などから講演を求められるようになった。


4.「製鉄所のまわりに森を作りたい」

 昭和46(1971)年4月、宮脇は新日鐵の環境管理室から電話を受けた。その前週に宮脇が経団連で行った講演に感銘したので、「先生のおっしゃる森を製鉄所の周りにつくりたい」と協力を依頼してきたのだった。当時は全国の製鉄所が、騒音、粉塵、排水などの問題で周辺住民との軋轢を抱えていた。

 ほどなく新日鐵の全10カ所の製鉄所で森づくりが始まった。その一つ、名古屋工場では幅100メートル、長さ5キロの森が工場を取り囲むという規模である。埋め立て地のため、3メートルから5メートルの盛り土が必要であった。莫大な予算がかかる。経営陣のよほど強い意思があったのだろう。

 北九州の八幡製鐵所では一騒動あった。宮脇が現地調査をして、潜在自然植生のシイ、タブ、カシ類を中心に木の種類、本数を細かく指示していたのに、実際に植えられていたのはマツだった。担当課長は「タブやカシはなかなかないし、値段も高いので、安くていくらでも手に入るマツを植えました」と言う。

 木なら何でも同じだろうという考え方である。宮脇はなぜマツがこの土地本来の本物の木ではないかを説明する必要を感じて、近くの神社に皆を連れて行った。八幡製鐵が日本で最初の製鉄所としてできた時に、作られた高見神社である。1940年頃に移設された比較的新しい神社であるが、見事なシイ、タブ、カシ類が育っていた。「これが本物の森です」と宮脇は言った。5万本もマツの苗を買ってあったが、改めてシイ、タブ、カシを中心とした森づくりが始まった。

 翌年、ドイツのリヒテルンで開かれた国際植生学会で、新日鐵の各製鉄所における環境保全林作りを宮脇は報告した。まだ工場の周りに木を植えることは世界各国でもあまり考えられていなかったため、大変な関心を呼んだ。かつて「日本の産業立地では自然の森を破壊して、工業団地が作られている」と批判していたオランダの学者たちが、「とうとう土地本来の森づくりをやり始めたか」と宮脇に握手を求めてきた。


5.鎮守の森は千年の森

 森とは木が集まっただけではない。高木、低木、下草、さらには野鳥や昆虫、地中の小動物群、カビ、バクテリアなどいろいろな生き物がいがみ合いながらも一生懸命生きている共同体社会である。

 日本列島では2千年ほど前に稲作が始まり、森を切り開いて水田とし、さらに道や集落を作ってきた。しかし、私たちの祖先はその際にも、かならずふるさとの木による森を残した。それが鎮守の森である。

「鎮守」とは、その土地の地霊をなごめ、その地を守護する神である。その言葉通り、鎮守の森は地震、台風、火事から、住民達を守ってきた。さらに神社を守ることによって文化を伝えてきた。

 鎮守の森は強い。荒れ地には一気にはびこるセイタカアワダチソウなどの帰化植物も、鎮守の森には侵入できない。かつては日本中の樹木を食い荒らすと恐れられていたアメリカシロヒトリも、鎮守の森には歯が立たなかった。

 またスギやヒノキなどを人工的に植えた森では、下草刈り、枝打ち、間伐と、常時、人間が手を入れてやらねばならないが、その土地本来の樹木でできた鎮守の森は、そんな必要はない。鎮守の森は千年の森なのである。


6.「タブノキ! タブノキ! タブノキ!」

 平成14(2002)年11月23日朝、島根県出雲市にあるオムロン出雲のグランドに、市内の750名もの小中学生が集まった。やがて宮脇が紹介され、マイクを通じて大きな声で呼びかけていた。
 北山の、出雲の一番本命の木は、火事にも、地震にも、台風にも長持ちするものは何であるか、大きな声で言っていただきます。タブノキ! タブノキ! タブノキ!
 グランドの向かいの北山では、緑の山麓の所々にぽっかり穴があいているのが見える。マツ枯れが進行しているのである。そこにこの土地の木を植えて、北山を本来の姿に戻そうというのが、この植樹祭の目的だった。

 宮脇の説明が終わると、小中学生らが宮脇に率いられて北山に登っていく。細い山道には小学生でも登れるようにと、新たに丸太の階段がつけられている。30分ほど歩き続けて到着した植栽現場では、枯れたマツが切られて、タブノキ、シラカシ、アラカシなど35種類、7千本のポット苗が置かれている。

 この日のために、1ヶ月もかけて30人の森林組合や市職員たちが準備していたのである。宮脇の熱意は多くの人びとを動かしていた。

 1時間足らずの間に、7千本の苗木が5千平米の北山の斜面に植え込まれた。植え終わる頃には、子供たちは額に汗を浮かべ、充実感に目を輝かせていた。彼らが大人になる頃には、北山はこの土地本来の緑に包まれているだろう。山肌にしっかり根を張って土砂崩れを起こさず、豊かな水と空気を生み続けるふるさとの森へと。

 宮脇はこうした植樹祭をすでに約千二百カ所で行ってきた。


7.海外に広がる「ふるさとの森」づくり

 宮脇のふるさとの森づくりは、海外にも広がっていった。1990年、三菱商事から協力依頼があり、同社内に地球環境室が作られ、東南アジアにおける熱帯雨林の再生プロジェクトがスタートした。

 当時は日本企業によるラワン材の伐採が海外からも強く非難されていた。しかし、日本企業の伐採は一ヘクタールあたり数本の超高木に限られており、それよりもその後で、韓国や華僑系の人びとが成長途中の樹木まで伐採し、さらに現地の人びとが後を焼いて焼き畑にしてしまうことが問題であることが分かった。

 宮脇は36種類の超高木、高木、亜高木のポット苗を作り、1991年7月にマレーシアで学生や地元の住民2千人を集めて、第一回の植樹祭を行った。8年後には土地本来の多様な樹木が10メートル以上にも伸びた熱帯雨林に成長した。それ以来、三菱商事と日本からのボランティア、マレーシア農業大学の協力で毎年、植樹祭を続け、既に50ヘクタール以上、30数万本の苗が植えられ、着実に育っている。

 同様に様々な日本企業の協力を得て、タイではマングローブ林、アマゾンでは低地熱帯雨林、チリではナンキョクブナ林の再生が進められている。


8.深刻な中国の砂漠化

 中国での緑の破壊と砂漠化は深刻である。中国全土の約28%が砂漠となり、森林率はわずか17%。砂漠は北京からわずか70キロの西北に迫っていた。北京市長は宮脇に頼んだ。「宮脇先生、このままでいけば40年で都を移さねばなりません。是非ご協力いただきたい」

 万里の長城沿いに森をつくるという壮大な計画を宮脇は開始した。日本のイオングループ環境財団と北京市の間で3年間に39万本の植樹をすることが決まり、宮脇がプロジェクト・リーダーとなった。

 長城付近にはほとんど樹木がない。長城のレンガを焼くために付近の樹木が伐採され、その後も戦乱や、暖房の薪取りに、森は破壊され尽くしていた。宮脇は付近の古いお寺などに残っているモウコナラの老木から、この木がこの地域の主役であろうと推定した。そして土地の古老から聞き出して、100キロ以上も奥地にあるモウコナラ林を見つけ出し、大量のドングリを手に入れた。

 第一回の植樹祭は1998年7月4日。日本から1400人のボランティア、中国人民政府側から1200人が集まって、4万5千本のモウコナラのポット苗を植えた。中国での植樹祭なのに、日本からのボランティアの方が多いのは、環境意識の違いからだろうか。

 寒暖の激しい環境で、苗が根付くかどうか。5ヶ月後の12月の調査で、当初逃げ腰であった林業試験場の職員達は言った。「プロフェッサー・ミヤワキ、100%活着している。不思議だ。しかし100%と言えば北京市人民政府の局長や部長が信用しないから、活着率98%と報告したいが許してくれるか」

 その後、宮脇は北京市から都市緑化顧問に、上海市からは浦東新区緑化顧問に任命され、中国での緑化活動に活躍している。


9.「鎮守の森こそ21世紀の世界を救う足がかりになる」

 1997年3月、宮脇はハーバード大学で開催された「エコロジーと神道」という国際シンポジウムに招かれ、「鎮守の森を世界へ」と題する招待講演を行った。宮脇は、神道と鎮守の森の歴史や意義について語り、「鎮守の森こそ21世紀の世界を救う足がかりになる」と訴えた。

 シンポジウムではナポリ大学の教授がこんな発言をした。
 4千年の歴史を持つ自然と共生した日本の自然宗教が、ごく最近、百年足らずの間に、一部の人によって間違って利用されたために、いま、多くの日本人が宗教に無関心である。鳥居とか、神社とか、鎮守の森と言っただけで拒否反応を起こす。これはきわめて不幸なことである。我々は4千年続いてきた神仏混淆の宗教をもう一度見直すべきではないか。
 シンポジウムの最後に開かれた打ち上げパーティでは、一人のアメリカ人が宮脇に英語で話しかけてきた。
 日本の伝統的な鎮守の森をモデルとし、エコロジーと総合した新しい鎮守の森づくりを科学的な脚本にしたがってやろうとしている。これは素晴らしいことです。しかも、国内だけでなく、アマゾンやボルネオでもやろうとしている。このノウハウを日本から世界に発信していけば、再び私は日本がナンバーワンになると信じています。
『ジャパン・アズ・ナンバーワン』の著者・ハーバード大学の教授エズラ・ボーゲルだった。

文責:伊勢雅臣

平和と環境保全のモデル社会:江戸
鉄砲を捨てた日本人は鎖国の中で高度のリサイクル社会の建設に乗り出した。

地球を救う自然観
日本古来からの自然観をベースとし、自然との共生を実現する新しい科学技術を世界に積極的に提案し、提供していくことが、日本のこれからの世界史的使命であるかもしれない。

一志治夫『魂の森を行け』集英社インターナショナル

宮脇昭、板橋興宗『鎮守の森』新潮社

国際派日本人養成講座 平成十七年四月十日 三百九十号
[PR]
by unkotamezou | 2005-04-10 00:46 | 歴史 傳統 文化