ブログトップ
南西諸島に国防軍配備 支那に対抗

 北沢防衛相は30日、支那海軍の日本近海での活動活発化などを受け、与那国島など南西諸島への自衛隊配備に向けた調査費を平成23年度防衛省予算に計上し、配備場所や規模などを本格検討する考えを示した。

 訪問先のニューデリー市内で記者団に語った。

 防衛相は、支那艦隊が4月、沖縄本島と宮古島の間の公海上を通り抜けて訓練を行ったことを受け、「今回のように追尾だけで本当にいいのかという問題もある。何らかの配備を考えなければいけないという空気は防衛省の中でも非常に強くなっている」と述べた。

平成22年5月1日0時53分

与那国などへの自衛隊配備、来年度に本格検討
[PR]
by unkotamezou | 2010-05-01 00:53 | 國防 軍事