ブログトップ
両生類で初、蛙のゲノム解読

 奈良先端科学技術大学院大の荻野肇特任准教授(バイオサイエンス研究科グローバルCOE発生ゲノミクス研究班)等国際共同研究隊が、アフリカ産の蛙のゲノム(全遺伝子情報)の解読に成功、30日付の米科学誌科学に発表した。両生類のゲノム解読は初めてで、生物の進化過程解明の進展や、医療への応用が期待される。

 荻野准教授によると、解読したのは遺伝子研究のモデル動物として注目されているネッタイツメガエル。蛋白質の設計図となる遺伝子本体は2万個にのぼると想定されるという。解読した蛙のゲノムを、人、鼠、鶏、魚類のゲノムと比較したところ、遺伝子本体の数や種類に大きな違いはなかった。

 一方蛋白質生成を促すスイッチの役割を担うと考えられている塩基配列(調節配列)に限って比較すると蛙や四足動物では約3万カ所で共通しているのに対し、魚類は3万カ所のうち半分以上が異なる配列になっていたことが分かった。研究隊は「魚類と四足動物の違いは、遺伝子本体の違いによるのではなく、それをいつどこで働かせるかのスイッチの働きの違いによると考えられる」としている。

 今回の成果をもとに、両生類がもつ高い再生能力の仕組みが明らかになれば、人の再生医学をより戦略的に発展させられると考えられるという。ゲノム解読はこれまで人や鼠、鶏、河豚等様々な生物で行われてきたが、進化の過程で魚類と四足動物の間に位置する両生類のゲノムは未解読だった。荻野准教授らは8年前からネッタイツメガエルのゲノム解読を進めていた。

平成22年4月30日12時32分

両生類で初、蛙のゲノム解読 奈良先端大准教授等
[PR]
by unkotamezou | 2010-04-30 12:32 | 自然 科學 技術