ブログトップ
小惑星探査機「はやぶさ」地球への軌道に乗る

 小惑星探査機「はやぶさ」が地球に帰るために行っていた軌道変換が、27日午後3時17分に完了した。

 宇宙航空研究開発機構が発表した。不調のエンジンを動かし続けるという最大の山場を越え、6月の地球帰還がほぼ確実になった。

 今後は、基本的にエンジンを動かさない慣性飛行を続ける。途中5回、エンジンを短時間噴射して、進路や大気圏へ突入する方向を調整する。はやぶさ本体は突入で燃え尽きるが、内蔵カプセルはオーストラリアの砂漠に落下させる計画で、宇宙機構は豪政府に許可を求めている。

 はやぶさは、平成15年5月に地球を出発。17年11月に小惑星「イトカワ」に着陸した後、燃料漏れや通信途絶、エンジン故障など様々なトラブルに見舞われた。故障したエンジン2台を組み合わせて1台分の推進力を得るなど、曲技のような手段を駆使して、帰路を進んでいた。

 旅した距離は約45億キロ・メートル。カプセルには小惑星の砂が入っている可能性があり、太陽系誕生の謎を解く手がかりになると期待されている。

平成22年3月27日 15:52

小惑星探査機「はやぶさ」地球への軌道に乗る
[PR]
by unkotamezou | 2010-03-27 15:52 | 自然 科學 技術