ブログトップ
絶縁体で電気信号伝達 損失八割減

 電気を通さない絶縁体の物質に磁気を使った方法で電気の信号を通す事に東北大金属材料研究所の斉藤英治教授等らの隊が世界で初めて成功した。集積回路に使う場合銅線に比べエネルギー消費量が八割軽減すると見られる 今後革新的な省エネルギー技術の開発に繋がりそうだ。十一日英科学誌自然で発表した。

 金属や半導体に電流を流すと電子の移動に伴い発熱してエネルギーが失われ省エネ化の妨げになっていた。斉藤教授らは磁気を生み出す電子の自転スピンに着目した。斉藤教授は平成十八年電子から電子へスピンが伝わるスピン波と電流を相互に変換出来る事を発見。今回はその理論を応用した

 研究隊は集積回路等に使われる磁石の一種の磁性ガーネットという絶縁体を用意。両端に白金の端子を取り付け片方の端子に電流を流した。すると電流が白金と絶縁体の境界面でスピン波を起こした。スピン波は反対側の白金の端子まで到達し電流を発生させた。この方法だと電子は移動せず発熱によるエネルギー損失は激減した。斉藤教授は「パソコンが次第に熱くなるように電流による発熱は大きなエネルギー損失を起こす。絶縁体を使う信号伝達はこの問題の根本的解決法だ」と話している。

平成二十二年三月十一日 午前三時零分

絶縁体 電気信号伝達 夢の八割省エネ
[PR]
by unkotamezou | 2010-03-11 03:00 | 自然 科學 技術