ブログトップ
石垣島で二万年前の人骨発見

 沖縄県石垣市石垣島の洞穴から旧石器時代の約二万年前の人骨が見つかったと同県が四日発表した。二十代から三十代前半の男性頭骨の破片で年代を直接測定出来た人骨では国内最古。測定データの解釈によっては約二万四千年前の可能性もある。日本人の起源を探る上で重要な手掛かりになると期待される。

 琉球大や東京大愛知教育大京都大などとの共同研究。論文が日本人類学会の英文誌に掲載される。

 発見場所は建設中の新石垣空港の敷地内にある白保竿根田原洞穴。動物の骨等と共に人骨片が九点見つかりこのうち六点からコラーゲンを抽出。放射性炭素に基づく年代測定を行った。

 その結果頭骨の頭頂部右側の破片が約二万年前 成人の右足第二指の骨が約一万八千年前 成人男性の右脚骨の破片が約1万五千年前と推定された。

 年代の直接測定でこれまで国内最古だったのは昭和三十年代に静岡県浜北市で見つかった約一万四千年前の浜北人の骨。人骨が出土した地層に含まれる炭化物の年代を測定する間接的な方法では沖縄本島の八重瀬町の港川人が約一万八千年前 那覇市の山下町第一洞人が国内最古の約三万二千年前と推定される。

平成二十二年二月四日 午後一時四分

石垣島で2万年前の人骨発見 直接年代測定で国内最古 日本人の起源解明に期待
[PR]
by unkotamezou | 2010-02-04 13:04 | 歴史 傳統 文化