ブログトップ
クマムシの遺伝情報解読 固有遺伝子多数 乾燥耐性解明へ 東大など

 乾燥や高温、強い放射線などの極限環境に耐えられる微小な動物「クマムシ」の全遺伝情報を、東京大と慶応大、国立遺伝学研究所、情報学研究所の研究チームが世界で初めて解読した。乾燥して生命活動が停止した「乾眠」状態が数年以上続いても、水分さえあれば復活するメカニズムの解明が期待される。研究成果は、横浜市で開催中の日本分子生物学会で十日発表された。

 国枝武和東大助教によると、乾燥耐性を担う遺伝子を突き止め、その働きを化合物で代替すれば、細胞を薬物処理して乾燥保存できる可能性がある。身体の多様な細胞に変わるヒトの万能細胞「人工多能性幹細胞」などを再生医療に応用する際、長期凍結保存するコストがネックとなるが、乾燥保存技術を開発できれば、実用化が進むという。

 解読対象は、堀川大樹米航空宇宙局研究員が、札幌市内の路上の乾燥したコケから採取した「ヨコヅナクマムシ」(体長零・三ミリ)。クマムシはこれまで飼育が難しかったが、ヨコヅナクマムシは、寒天培地の上でクロレラを餌として与え、交尾なしの単為生殖で産卵させ、増やすことができた。約二万五千匹からDNAを抽出して分析した結果、ゲノムのサイズは約六千万塩基対、遺伝子は約一万五千個と推定。このうち約一万二千個が、ほかの動物にはない固有の遺伝子だった。

平成二十一年十二月十日 午後二時三十七分

クマムシのゲノム解読=固有遺伝子多数、乾燥耐性解明へ-東大など
[PR]
by unkotamezou | 2009-12-10 14:37 | 自然 科學 技術