ブログトップ
竹島と尖閣 日本の領土と指導要領に明記を
竹島と尖閣「日本の領土と指導要領に明記を」…文科相

 中山文部科学相は29日の参院文教科学委員会で、韓国や中国などと領有権をめぐって争いのある竹島と尖閣諸島について、「日本の領土だということは学習指導要領にない。次回の指導要領ではきちっと書くべきだ」と述べ、指導要領に日本固有の領土と明記すべきだとの意向を示した。

 指導要領で言及している北方領土についても、「少なくともソ連が日ソ中立条約を破って不法に占領して(そのままとなって)いること、日本固有の領土であること、現在交渉中であることを、きちっと教科書に書いてもらうよう、指導要領を直すべきだ」と指摘した。有村治子氏(自民)の質問に答えた。

 竹島をめぐっては、島根県議会の「竹島の日」条例制定をきっかけに韓国内で対日批判が高まっている。中学校教科書の検定結果が来月発表される予定で、文科省内には、教科書検定に韓国の対日批判が飛び火することを懸念する声が少なくない。このため、事務方の助言を受け、文科相はその後の答弁で、「私の一存で決められない。中央教育審議会でタブーを設けることなく議論してもらう」と発言を補足した。

 現行の学習指導要領には「北方領土が我が国の固有の領土であることなど、我が国の領域をめぐる問題にも着目させるようにすること」と記述されている。文科省は「竹島や尖閣諸島も『領域をめぐる問題』の中に含まれる」と説明している。

2005/3/29/20:10
[PR]
by unkotamezou | 2005-03-29 20:10 | 國防 軍事