ブログトップ
南京大虐殺は国民党の政治宣伝

 名古屋市の河村たかし市長は15日開かれた市議会9月定例会の一般質問で、昭和12年の南京事件について、「一般的な戦闘行為はあった。そういうものが誤解されて伝わっているのではないか。事件そのものについて日中友好のためにきちんと検証し直す必要がある」と発言した。

 河村市長は「おやじは終戦を南京で迎えた。南京の人に本当に優しくしてもらい、名古屋に帰ることができたと言っていた。虐殺があったのなら8年後に南京の人が優しくしてくれるのか」と述べ、30万人以上が死亡したとする説に「当時の南京の人口より多いので絶対違う」と否定した。

 河村氏は著書の中で、「南京大虐殺は国民党のプロパガンダだったかもしれない」「いつの間にか『歴史的事実』にされてしまった」と記している。

平成21年9月15日 毎日新聞

河村名古屋市長 南京大虐殺「誤解ある」 議会で発言
[PR]
by unkotamezou | 2009-09-15 07:10 | 國防 軍事