ブログトップ
邦人女性殺害の被告に無罪判決 仏領ニューカレドニア

 南太平洋のフランス領ニューカレドニアのイルデパン(パン島)で平成14年に、千葉県出身の草間美香さん=当時(28)=が旅行中に殺害された事件の控訴審で、ヌメアの重罪裁判所は28日、「証拠不十分」としてアントワーヌ・コニュ被告に無罪(求刑禁固20年)の判決を言い渡した。同被告に対しては平成19年に禁固15年の判決が言い渡されたが、被告が上訴していた。

 草間さんは平成14年5月、パン島の海水浴場近くの岩場で遺体で見つかり、警察は現場近くに住むコニュ被告と兄を逮捕。だが、物的証拠が乏しく、2人とも関与を否定していた。兄は平成19年の判決で、殺害に関与していないとして無罪を言い渡された。

 パン島はニューカレドニア島の南東約60キロ。「天国に一番近い島」として知られる観光地。

21/04/28 20:24

邦人女性殺害の被告に無罪判決 仏領ニューカレドニア
[PR]
by unkotamezou | 2009-04-28 20:24 | 事件 犯罪 司法