ブログトップ
石垣市長が魚釣島上陸を検討
石垣市長が魚釣島上陸を検討 海上保安庁に協力要請

 沖縄県石垣市の大浜長照市長は12日、「尖閣諸島を行政区に抱える首長の責任として、上陸し自分の目で確認したい」と述べ、歴代市長として初めて尖閣諸島・魚釣島に上陸し視察したいとの意向を示した。

 時期は「検討中」とし、既に海上保安庁に協力を要請しているという。

 ことし2月、日本政府が魚釣島に日本の政治団体が建設した灯台を国有財産とし海上保安庁が保守、管理すると発表したことを受け、大浜市長は上陸の検討に入った。

 一方で、大浜市長は「中国や台湾との関係にも配慮する。関係を損なわないよう平和的な方法で実現したい」と話している。

03/12 13:26
[PR]
by unkotamezou | 2005-03-12 13:26 | 國防 軍事